92%の成功実績チャンピックス

チャンピックス服用とドーパミンやセロトニンについて

ノーマルシングルページ

ニコチン依存は脳内神経伝達物質でもあるドーパミンやセロトニンと呼ばれる物資濃度が高くなっている状態だと言います。
また、ドーパミンやセロトニンの放出口も少なくなっている為、この状態で禁煙を開始すると、脳内神経伝達物質の分泌量や濃度が急激に下がり、鬱症状が現われると言われています。

これは禁煙鬱と呼ばれる症状で、一般的にはニコチンが体内から離脱する時に生じるものであり、2週間程度の期間で症状は消えて来ると言います。

因みに、セロトニンと言うのはドーパミンやノルアドレナリンなどと同じく、三大神経伝達物質の1つであり、身体の中では重要な役割を持つと言います。

セロトニンは精神的な部分に大きな影響を与える物質でもあり、心身の安定化、安らぎと言った部分に大きく関与するものであり、幸せホルモンなどとも言われているのです。

尚、セロトニンが不足する事で、禁煙鬱、一般的な鬱病、不眠症と言った精神疾患に陥りやすいなどと言われているのです。

禁煙を始める人の中にはニコチンの成分が微量に含まれる禁煙補助剤や、ニコチン成分を含まないチャンピックスを利用する人もいます。
チャンピックスはニコチン成分を含まない医薬品なのですが、服用する事で微量のドーパミンを分泌させるため、ニコチンが体内に入らない状態でもイライラ感や煙草を吸いたいと言った事を防止できると言います。

ニコチンが体内に入ることで満足感を得られるのは、ニコチンによりドーパミンやセロトニンと言った物質が分泌されるからなのです。
しかし、チャンピックスにはニコチンは含まれていないけれども、ドーパミンを分泌させるため、禁煙によるイライラが少なくなるメリット、そして徐々にニコチンが体内から減るという2つのメリットが在るのです。