92%の成功実績チャンピックス

保険治療の算定日とチャンピックスなどの素材について

ノーマルシングルページ

ニコチン依存症管理料と呼ばれるものが在りますが、これは禁煙外来でのチャンピックスなどの禁煙補助薬を利用した禁煙治療における算定日により決めるもので、算定日となるのは禁煙外来での治療を受けた時になります。

算定日より12週間の中での治療については保険適用とし、ニコチン依存症管理料点数としては初回が230点、2~4回目となる2週目、4週目、8週目については184点、5回目となる12週目は最終回で、180点と言った管理料点数により保険適用での治療を受けることが出来るようにしてあります。

また、算定日よりも1年を経過している場合は、再診の場合でも保険適用が行われると言った特徴を持っているのです。

禁煙をする時に電子タバコを利用する人もいますが、これはリキッドと呼ばれる素材による禁煙の方法で有り、素材にニコチンが含まれている事でニコチン依存度を引き下げることが出来ます。
しかし、国内での電子タバコのリキッドには素材そのものにニコチンを含ませることは禁じられており、国内製造によるリキッドは逆にニコチン依存を高めてしまうケースも有るので注意が必要です。

尚、チャンピックスはニコチンを含まない素材になっているもので、電子タバコのニコチンを含まないものと同じようにニコチン依存が在ると感じる人も多いものですが、チャンピックスは服用する事で煙草を吸った時と同じようにドーパミンを少量ではありますが分泌させる作用を持っており、この作用によりニコチン切れが生じる時のイライラなどを減少させることが出来るようになっています。

また、チャンピックスは1~3日目、4~7日目まで1週間の中での薬の量と、2週目から12週目までの薬の量を変える事で禁煙時のニコチン依存を低下させる作用を持つのも特徴です。