92%の成功実績チャンピックス

日本禁煙学会では電子禁煙よりもチャンピックスの使用

ノーマルシングルページ

NPO法人の日本禁煙学会をはじめとして、禁煙に対する重要性の認識が普及しています。
たばこを吸うことで肺がんや呼吸器疾患のリスクが高くなることがわかっていますので、禁煙することは健康を維持するために大切になります。
日本禁煙学会は医療従事者や政治家などの知識を持っている人たちで構成されており、日本で最も規模の大きい禁煙を推進する団体となります。
日本禁煙学会は会員数も多いために、禁煙を推進する運動を広めるために大きな役割を担っています。
禁煙を実現するために利用できるものとして、電子煙草を使った電子禁煙があり、欧米を中心として電子煙草産業は成長を遂げています。
電子煙草を使用した電子禁煙の他にも禁煙を実現させるために、有効な手段としては禁煙補助剤のチャンピックスを服用する方法があります。
禁煙を達成できない大きな理由は、たばこに含まれているニコチンが強い神経毒性を持つ物質で、中毒性が高いために離脱症状を引き起こします。
禁煙を開始してから数日後に、めまいや吐き気、集中力の散漫などの症状があらわれて、辛さに耐えられなくなることでたばこを吸ってしまう人が多いです。
禁煙補助剤のチャンピックスには、ニコチン受容体と結合する作用があるために、離脱症状を和らげることが可能です。
従来までに用いられていたニコチンを摂取しながら、少しずつ喫煙の本数を減らしていくニコチン置換療法と比較したときに、チャンピックスによる治療法のほうが効果が高いとされています。
チャンピックスを用いる禁煙治療は、3か月間の服用を行う必要があって、途中で服用を止めた人の成功率が5%ほどであるのに対して、3か月間の治療を終えた人の禁煙成功率は49%となっています。
電子禁煙と比較した場合であっても、チャンピックスを使用する治療法のほうが効果が高いと考えられます。